今日何の日  シリーズ2

ビスケットの日
 
全国ビスケット協会が1980(昭和55)年に制定し、翌年から実施。
1855(安政2)年、パンの製法を学ぶ為に長崎に留学していた水戸藩の柴田方庵が、同藩の萩信之助に、パン・ビスケットの製法を書いた「パン・ビスコイト製法書」を送りました。これが、ビスケットの製法を記した日本初の文書とされています。

また、ビスケットの語原がラテン語で「二度焼かれた物」という意味の「ビス・コクトゥス(bis coctus)」であることから、「に(2)どや(8)く」の語呂合せの意味も持たせているそうです。
キャプチャ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ほんとにすごいお得物件!
セキスイハイム賃貸物件

スタッフブログ

学生の一人暮らしはこちら