六本松駅
賃貸
六本松駅は、福岡県福岡市中央区六本松にある福岡市地下鉄七隈線の駅です。1975年までは地上に路面電車である西鉄福岡市内線の六本松電停がありました。なお、七隈線のうち天神南駅から六本松駅まではかつての福岡市内線の路線をトレースする形で建設されています。駅のシンボルマークは空港線・箱崎線のシンボルマークをデザインした西島伊三雄が2001年に死去したため、それ以前に描かれていた原案を元に、息子で同じくグラフィックデザイナーの西島雅幸が完成させました。モチーフは地名に因んだ松の木です。2005年(平成17年)2月3日 - 開業。六本松は、2009年3月に九州大学六本松キャンパスが伊都地区(糸島市)に移転し、その跡地が再開発されます。再開発の事業者であるJR九州は、九大キャンパス跡地のうち、北側部分の約2ヘクタールが対象となる。道路を隔てた東西2つの街区に分けて、開発を進めております。東には、大型施設としてスーパーなどの商業施設が1、2階に入り、3階以上は福岡市の施設で「青少年科学館」や九州大法科大学院のほか、住宅型有料老人ホームが入居する複合ビルが建設されます。西には大型分譲マンションが建ち、新たな六本松のランドマークとして、大きな期待を寄せられております。

六本松駅
物件検索
検索条件の指定

■賃料

■間取

■最寄り駅徒歩

アルコスタッフの
部屋ブロ