千代県庁口駅
賃貸
千代県庁口駅は、福岡県福岡市博多区千代四丁目にある福岡市地下鉄箱崎線の駅です。駅のシンボルマークは福岡市出身のグラフィックデザイナー、西島伊三雄がデザインしたもので、最寄の十日恵比須神社にちなんだ恵比須の顔です。1984年4月27日 に箱崎線呉服町駅ー馬出九大病院前駅間の延伸に際し開業しました。出入口は1番~8番までの8ヶ所があり、うち4番出口はエスカレーターが設置されておりパピヨン24に直結しています。また8番出口はエレベーターとなっています。仮称の段階では「千代町」駅でしたが、現在町名としての千代町が無いことから千代駅になることになりました。しかし、商業的な停滞で地域活性に苦戦していた地元から、「県庁の名を付けてほしい」と要望があったことで、「千代県庁口」となりました。駅近隣は、福岡県庁議会棟と十日恵比須神社があります。十日恵比須神社は、毎年1月8日から1月11日まで正月大祭が執り行われる。8日が「初えびす」、9日が「宵えびす」、10日が「正大祭」、11日が「残りえびす」と呼ばれる。正月大祭期間中は福引きや芸妓かち詣りなどが有名です。

千代県庁口駅
物件検索
検索条件の指定

■賃料

■間取

■最寄り駅徒歩

千代県庁口駅
周辺MAP

Google MAP
で見る

アルコスタッフの
部屋ブロ