大野城駅
賃貸

大野城駅 物件検索
検索条件の指定

■賃料
■間取
大野城駅は、福岡県大野城市白木原にある、JR九州鹿児島本線の駅です。駅の所在は大野城市ですが、駅の西側は春日市という位置になります。1946年6月10日 国鉄春日信号場として運輸省が設置され、1961年10月1日 - 駅に昇格し、白木原駅となりました。一方西鉄大牟田線には既に白木原駅が存在し、西鉄側の駅は改称しなかったため、2つの「白木原駅」が存在しました。利用者を混同させていたことで、やがて国鉄側の白木原駅は、1987年4月1日の国鉄の分割民営化の後の1989年3月11日に大野城駅に改称されて現在に至ります。「春日」は近隣の春日神社に因んだ地名、「白木原」は朝鮮半島にあった新羅(しらぎ)の国に由来し、かつてこの地に朝鮮半島から渡来した新羅人の集落があった事で付いた地名、「大野城」は古代山城の大野城が由来の地名であります。2015年度の1日平均乗車人員は7,919人で、年々増加傾向です。東口周辺は民家やマンションが多く、一方、西口周辺は九州大学筑紫キャンパスや福岡県立春日高等学校など教育機関が並んでおります。西鉄大牟田線白木原駅とは、東側に約750mほど離れており徒歩連絡が可能で、さらに大野城市コミュニティバスでも連絡しております。

アルコスタッフの
部屋ブロ