箱崎宮前駅
賃貸

箱崎宮前駅 物件検索
検索条件の指定

■賃料
■間取
箱崎宮前駅は、福岡県福岡市東区馬出にある福岡市地下鉄箱崎線の駅です。駅のシンボルマークは福岡市出身のグラフィックデザイナー、西島伊三雄がデザインしたもので、筥崎宮の大鳥居です。1986年1月31日に市営地下鉄の箱崎宮前駅が開業されました。近隣の筥崎宮は、筥崎八幡宮とも称し、宇佐、石清水両宮とともに日本三大八幡宮に数えられます。 御祭神は筑紫国蚊田の里、現在の福岡県宇美町にお生まれになられた応神天皇(第十五代天皇)を主祭神として、神功皇后、玉依姫命がお祀りされています。創建の時期について、古録によれば、平安時代の中頃である921年、醍醐天皇が神勅により「敵国降伏」の宸筆(しんぴつ)を下賜され、この地に壮麗な御社殿を建立し、923年筑前大分(だいぶ)宮(穂波宮)より遷座したことになっていることが有力な説です。創建後は祈りの場として朝野を問わず篤い崇敬を集めるとともに、海外との交流の門戸として重要な役割を果たしました。鎌倉中期、蒙古襲来(元寇)のおり、神風が吹き未困難に打ち勝ったことから、厄除・勝運の神としても有名です。後世は足利尊氏、大内義隆、小早川隆景、豊臣秀吉など歴史に名だたる武将が参詣、武功・文教にすぐれた八幡大神の御神徳を仰ぎ筥崎宮は隆盛を辿りました。江戸時代には福岡藩初代藩主黒田長政、以下歴代藩主も崇敬に重きをおきました。近年では全国より崇敬を集めるとともに、玉取祭や放生会大祭などの福博の四季を彩る杜として広く親しまれています。

箱崎宮前駅
周辺MAP

Google MAP
で見る

アルコスタッフの
部屋ブロ