薬院大通駅
賃貸
薬院大通駅は、福岡県福岡市中央区薬院にある福岡市地下鉄七隈線の駅です。過去に、西鉄福岡市内線城南線にも同名の駅が存在しました。現在の地下鉄駅の西端がかつての路面電車駅のほぼ東端の位置にあたる。計画当初時の仮称は「薬院西」とされております。駅のシンボルマークは空港線・箱崎線のシンボルマークをデザインした西島伊三雄が2001年に死去したため、それ以前に描かれていた原案を元に、息子で同じくグラフィックデザイナーの西島雅幸が完成させました。モチーフは福岡市動植物園のゾウと花です。2005年2月3日に七隈線開通と同時に開業しました。周辺地域は都心の南側に位置する市街地で、駅と線路は城南線(市道博多駅草ヶ江線)の直下に位置するロケーションです。駅の東側約80mの位置にある薬院大通り交差点で城南線と県道31号線が交差します。県道31号線は薬院大通り交差点の北側が大正通り、南側が高宮通りと呼ばれ、福岡市内の主要道路のひとつとして比較的交通量が多い道です。駅の西側約50mの位置にある五叉路の斜め左前側には浄水通りが通っております。この浄水通りは、ファッショナブルな店舗が軒を連ね、通りを沿って直進すると動物園に行き着きます。

薬院大通駅
物件検索
検索条件の指定

■賃料

■間取

■最寄り駅徒歩

薬院大通駅
周辺MAP

Google MAP
で見る

アルコスタッフの
部屋ブロ